とあるインフラエンジニアの日常

インフラ、ネットワークに囲まれた日常をつらつらと書いていきます。時々旨い酒

Jenkinsを使ってみた(インストール編)

はじめに

オープンソースのCIツールJenkinsを使ってみました。
昨今ではサーバーの構成もコードで実行、構成管理することが少なくないので、デプロイした際にテストさせるのが目的です。
(もともとは手作業でやっていました・・・・)
今回は、RedhatEnterpriseLinux7(AWS上に構築)にJenkinsをインストールして初期設定まで行います。

構築環境

  • OSはRedhat EnterpriseLinux(64bit)
  • AWS上の完全仮想化環境
  • インスタンスの作成、セキュリティグループでTCP22と8080を開けておくこと
    • オンプレ環境で実施する場合はiptables設定, ルーターでポート開放を行えば良いはず

インストール準備

jenkinsを動かすのに必要なツールをインストールします。

[root@localhost ~]# yum -y install git
[root@localhost ~]# yum -y install java-1.7.0-openjdk
[root@localhost ~]# yum -y install wget

jenkinsのインストール~起動

  • jenkinsのインストール
[root@localhost ~]# wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
[root@localhost ~]# rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
[root@localhost ~]# yum -y install jenkins
  • サービスの開始(起動時に自動開始)
[root@localhost ~]# systemctl start jenkins
[root@localhost ~]# systemctl enable jenkins

以上でインストール終了です(簡単すぎる・・・・・)

初期設定

  • セキュリティの設定
    [Jenkinsの管理]>[グローバルセキュリティの設定]

    • セキュリティ設定の有効化にチェック
    • "Jenkinsのユーザーデータベース"をチェック
    • 行列による許可設定をチェック
    • "追加するユーザー/グループ:"にユーザー名を入力してユーザー追加
      • ユーザーの右はじにある”全て選択”ボタンをおして、権限に全てチェックを入れる
    • 設定を保存
  • プラグインの更新
    [Jenkinsの管理]>[プラグインの管理]>[アップデート]

    • 全てのプラグインにチェックを入れる
    • ”ダウンロードして再起動後にインストール”を選択
    • 終了後、アップグレード可能なパッケージが表示されないことを確認
  • gitプラグイン導入 [Jenkinsの管理]>[プラグインの管理]>[利用可能]

    • パッケージから"git"を選択する
      • 似たような名前のプラグインが多いが"git"を選択すること
    • "ダウンロード後に再起動する"を選択してインストール
  • gitのパス設定
    [Jenkinsの管理]>[システムの設定]

    • Gitの項目が増えているので、"Path to Git executable"にGitのパス(標準だと/bin/git)を入力

以上でjenkinsのインストールから初期設定は終了。 次回ではgitにコードが入ったら特定の処理を行うジョブが作りたい(作れるといいなー・・・・)と思います